弟と 妹家を 出ていった
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
06:59:26
 24日の朝・・・。オレは不可解な事件に巻き込まれた。
 
 今から数点ちょっといやな写真を貼ることになるから、見たくない人や、ホラー的なもんがダメな人は、マジでやめといたほうがいいかもしれん。いつもの冗談でも何でもないことをここで宣言してやる。
 女性スタッフ「イナーチさん、ちょっときて!」

 オレ「???どうしたんですか?」

 呼ばれるままに行ってみると、女性スタッフが青ざめた顔をしている。

 女性スタッフ「これ見て・・・」


 お客様用トイレの前廊下に、赤いものが落ちている・・・・。血だ。血がポトポト落ちている。

 オレ「え・・・、なんすかコレ・・・。」

 これが証拠の写真だ。

 
 血痕

 間違いなく血だが、時間が経ってると思われる。乾いてたし。んで、さらに女性スタッフは、

 「でね、この血の跡の横の壁なんだけどね・・・、さっきあたしなんかのゴミかと思ってひっぱったのよ。それが壁から剥がすときに「ブチブチ」っていってとれたの。まだ少し残ってるでしょ?」

 オレ「うわ・・・これ・・・髪の毛やないすか!!」

 そう、写真をもっかい見てるとわかるけど、これ髪の毛なんだよ。髪の毛の塊がごっそりひっついてたらしい。それで、繊維かなんかかと思って女性スタッフがひっぱったら抜けたらしい。よく見ると髪の毛だったという。

 オレ「誰かここでこけたんすか・・?でもこれ結構な血の量っぽいんですけど、そんなお客さんいましたっけ??」

 女性スタッフ「いや・・・わかんない、見てないし「ケガしたー」っていうお客さんもいなかったよ。」

 オレ「この髪の毛がなんでこう・・・こびり付いてるっていうんですかね、そんな風になってんでしょうね。」

 女性スタッフ「でもコレ、髪の毛がこびり付いてる場所が低すぎない?」

 ちなみに髪の毛がこびり付いてる場所は下から約15センチくらいの場所。

 女性スタッフ「これもしかして、鳥かなんかやない?迷い込んで激突して・・・」

 オレ「あーそうか、そうかもしれんですね。ちょっと待ってくださいよ・・・」

 その廊下に少し落ちていた髪の毛を拾い、つまんでひっぱってみた。人間の髪の毛ならクルンとなるからわかるとかなんか本で見たからやってみた。少しクルンとなった。

 オレ「うわ・・・人間の髪の毛かやっぱ??なんかクルンさが足りないような・・・。でもえらく低い位置だしなぁ・・・。怪我するにしてもしかし、こんなところで・・・・え???」

 オレは腰を上げた時に、トイレの壁を見た。なんと血痕がそこにもあったのだ。これが証拠写真だ。

 血こん2

 ちょっとわかりにくいかもしれんけど、これもろ血の跡なのね。そしてトイレの「女性」のシンボルマークにも少しついている・・・。

 女性スタッフ「うーん・・・鳥がこの低い位置で激突して、そのまま去っていく時にかすったのかな?」

 オレ「僕は今、決定的に鳥じゃないってことに気付きましたよ、これはやっぱり人間です。」

 女性スタッフ「なんで?」

 

 オレ「ペロ・・・・これは・・・青酸カリ!!!やはりお前か・・・」

 女性スタッフ「ち・・・ばれては仕方がない。きさま・・・何者だ・・・」

 オレ「江戸川コナン・・・進一さ」

 女性スタッフ「言っちゃってるし。」  ※このようなコントはありません。

 
 オレ「ゴホン、えーとですね、こんだけの大量の血を流していたら相当なダメージをおってます。鳥であるわけがないんです。」

 女性スタッフ「どうして?鳥の毛って可能性もあるんじゃない?」

 オレ「羽がないんですよ、どこにも」

 女性スタッフ「!!」

 オレ「こんな血をボトボト落してるような鳥がすぐに動けるはずがない。まして動いたとしてもバタつかせ、羽が一枚落ちていてもおかしくない。よって僕の推理は人間と断定いたします!!」

 
 女性スタッフ「クックック・・・バカめ、真実を知らなければいいものを・・・」

 オレ「貴様・・・・やはり・・・」

 女性スタッフ「まとめて皆殺しにしてくれるわあああああ!!!」

 オレ「させるかああああ、みんなーオラに少しでもいい、元気をわけてくれえええ!!」 ※このようなコントはありません。


 女性スタッフ「あーなるほどね、人間だとしたら、ホントに低いよこの位置?こんなところに倒れたら、まず手が出るでしょ?」

 オレ「ほんまっすね、これマジで低すぎだ。反射的に手が出ますよね。てことは、やっぱ動物?」

 女性スタッフ「うーん・・・・・・。うん??ちょっと待って、トイレの中・・・え、うそカギかかってる!!」

 オレ「おおぅ!!・・・しーっ、お客さん入ってんすよ。ダメっすよ。大きい声だしちゃ。」

 女性スタッフ「違う違う、お客さんは朝食今食べてるよ、みんな揃って・・・!」

 オレ「・・・・ちょ、まじすか。」


 マジです。この話マジです。だから写真ものっけたんです。そこまでねつ造する意味がないから。

 
 次回予告番長ー、テレッテッテテー、テレテテテーレー、テレッテッテレー!!!

 「名探偵イナーチの推理第二章」

 ちょっと疲れたから、また今度書くね。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://inacchi1022.blog69.fc2.com/tb.php/323-e1563a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

イナーチ

Author:イナーチ
趣味:ゲーム 最近アニメ
好きな歌:最近、かがやけ!ガールズ

一言:けいおん!面白かったなぁー、みんな澪澪言ってるけど、唯がかわいいと思うんだけど、どう?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
不健康者
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。