弟と 妹家を 出ていった
2006/07«│ 2006/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2006/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
06:58:44
26日土曜日は、朝から男三人でウェイクボードをしにいってきました。なっかなか上達しないんだけど、とりあえず、フィンを外して、フリースタイルに変えて挑戦したんです。スノーボーダーはこっちのがおもろい。下手に安定すると、動きが固まっちゃいます。

けっこー遅くまでやったんだよ。夕方6時くらいまで。なので、今身体全身ズタボロ。痛いのなんの。普段動かないからね~。しょーがないか。

で、終わったあとに少し飲みに行くか~っつーことで、話が決まって。豊北町ってとこなんだけど、居酒屋ねーの。あるのは、山と海くらいか。どーする~って言ってたら、丁度地元のお祭りがあるとのこと。んなら、そこで出店かなんかでてるからいってみよー。角島って島があんだけど、その近くでやってんの。全然知らんかったわ、オレ。もう第14回にもなるらしい。

田舎の祭りだから、中学生・高校生・ヤンキーであふれてんのかなーと思ってたら、これがけっこうでかい祭りで。人すげーいる。バカにはできんなこのお祭り。

ビールと焼き鳥、フライドポテト、フランクフルト、茶蕎麦、などなど食い干して飲み干して。なんで、出店のあじって大味なんやろ。ポテトなんか、岩塩食ってるみてーだった。

なんとその祭りは、花火があがるらしい。今年一回も見てなかったから、少し興味はあったけど、なんとなくせつなくなるんじゃねーかな~と思いつつ、花火を見ることにした。

花火すげー!!海峡花火にまけずおとらず。豊北町もやるときはやる。思わずムービーに保存しちゃったよ。小一時間くらいやってたんじゃないかな。見とれましたよ、思わず。よかったよかった。

思ったよりも満足な結果だったので、来年も来てみたいな~とか思ったりして。

え?何をマネしちゃだめかって?ん~~そうやなー、桜塚やっくん風に言えば、

「男三人の平均年齢が29.6歳ってことだよぉおおお!!!」
スポンサーサイト

22:23:13
夜中の4:30くらいだったかなー、仕事中にさ、誰か帰ってきたのね、ホテルに。で、こんな夜遅くに誰やおもーて、見に行ったら、オレ、びっくりこいた。フロントのすぐ下にソファーがあるんだけど、そこに半裸のおっさんが座っとるがな。でとるし、アレ。いや、でとるし。

「お客様・・・?お部屋は・・・?」

なんかすげー怖かった。襲われるんやないかとなぜか思ったよ、オレ。おそるおそる、聞いた。

「甲斐(仮名)です。」

まがりなりとも、うちのお客様です。すぐ、部屋のキー渡して、「おやすみなさいませ~」である。怖かった~、なんか。その五分後。

「甲斐です。部屋のキー入れたまんまでてしまいした、甲斐です。」

あらら、完全にイッてますよ目が。今にも吐くんやないかコイツ。すぐさま、対応して、部屋にぶちこみ胸なでおろす。

次の日の朝。一本の電話が。

「もしもし、甲斐くんは何号室かね?会社のもんやけども・・・。」

甲斐さんの会社から電話かかってきた。会社にでてこんらしい。酔っ払いまくって寝坊しとるで甲斐さん。で、そのうちそこの社長がフロントにやってきた。「まったくあいつは・・」とぼやいてる。なんか遅刻の常連らしい。社長が甲斐さんの部屋に電話する。

 「おうー、おきとるかー!!はよおりてこんかい!」
 
 一時して・・・。
 
トルルルル、トルルルル。甲斐さんの部屋からフロントへの電話。

「甲斐です、わたしのクツとジャケット知りませんか?」

しらんがな。どこか無くしてしまっとるらしい。もうね、名前を連呼する時点で、オレはツボなんだよ、あなたに。「甲斐です」って言う時点でわらけてくる。

 「いえ、、、フロントのあたりには見当たりませんが・・・」
 
 「そーですか、どーしよかな、ちょっと探してもらえません?」

 社長が迎えに来てるので、あわてまわしてっけど、くつねーから降りてこらんねー。なんて情けない・・・。でも、待たせるわけにはいかないので、靴下でクツはかないまま降りてきた。

 「あ、どーもすんません、くつがどっかいってしまって・・」

 靴下いっちょでなにゆーとんねん、こいつは。どっかいったって、あんたがどこかにやったんや。ツボです。

 仕方なしに、オレが外へ探しにいきます。

 そく発見。フロント階段下りたところに、きれーに揃えてクツがおいてあった。それ見て、ふいたーね。めちゃおもろいこのおっさん。酔っ払ってても、習慣は習慣なんだな。几帳面な性格がでてるなぁ。

 「くつ、ございましたよ~。」

 「え、どこにありました?外?はー、記憶にないです。ジャケットは?」
  
 そこまで知るか。

 「ジャケットはございませんが・・」

 「はぁ、そうですか、すいませんでした。またどこかのスナックに忘れているんでしょう。」
 
 なんやかんやゆーて、社長の手前居心地悪そーにしながら、帰っていった。そりゃ頭あがらんわ。社長きさくやったけど。

 ふぅ、やっと終わった終わったっていってたら、ロビーに分厚い手帳が落ちとる。甲斐さん・・・・・。オチまでつけんでも。

 酒におぼれても、我を忘れず。主におぼれても、何(が)を忘れず。

07:30:38
8/18の夜は、後輩の誕生日会ということで、盛大なパーティ&サプライズがございました。久しぶりに大笑いしたんちゃうかな。ある意味ね。

それはいーんだけど、その次の日の朝、お腹すいたんで、その後輩ともう一人先輩と3人で朝マックにお伺いしたときのお話しです。

朝マックって10:30までが朝マック時間なわけよ。で、朝マック以外の通常メニューは10:30からなんだよ。要は、朝マックはなんとかマフィンだったり、サラダが中心だったりと割と軽めな感じなの。だから、どっちかゆーと通常のメニュー(exe:ビッグマック・ベーコンレタスバーガー)のほうが、オレたち3人は魅力的だったのね。

来店したのが、10:25。

「ん~、あと五分やね。じゃー、通常メニューで」

「お客様、申し訳ありません、通常メニューは10:30からでございます。」

はい、でた。時間に厳しすぎるやろ。融通が一つもきかん。最悪「今はできませんが、ご注文お取りしておきますので、10:30過ぎたらお持ちいたしますね。」とか言え。でも、これでもあんまり納得いかんけど。せめてね、せめて。

「あの~、よろしかったらテーブルでお待ちいただいてもいいですよ。お煙草吸えますし。」

わしら、煙草吸いに来たんじゃねー。ハンバーガー食いに来たんじゃー。

「よくあるんですよ、みなさん待たれてますよ。」

よくあるんなら改善しろやぼけ。

待つこと5分。10:30になったら、さぞね、「お客さま、お待たせいたしました~」とか言ってくるんだろーなぁとか思ってたら、無視。でた。ほんとでた。

でも、メガネのねーちゃんの笑顔は悪意一つ感じさせないのは、なぜなんだ。

23:48:36
毎日毎日僕は鉄板の上で焼かれてイヤになっちゃうような暑さですなー、最近は。しかし、日焼けしないんだなこれが。キモイよ、オレの裸体は。

オレのバイト先での話しなんだけど、ホテル業なのね。で、フロントやってんだけど、最近思うことがある。それは、カップルの方程式である。カップルが泊まりくること多々あるんだけど、以下記述式。

ランクA=イケメン、イケガール
ランクB=チョイイケ
ランクC=普通
ランクD=チョイダメ
ランクE=無理
ランク外=その他

それで、これを式にあらわした場合で順位をつけるとすると、

第一位:B+D

第二位:C+C

第三位:B+C

第四位:A+D

第五位:B+E

と、こういう結果なのである。これはオレの主観的な捉え方だけど。

で、驚くのは、第四位、五位の「イケメン・ガール+チョイダメ」「チョイイケ+無理」カップラー。なぜなのか?A+Aのカップルなんて滅多に見れない。でも、存在してもいいはずなのに。というか、なぜ、AがDを選ぶのか?BがEを選ぶのか?せめてCを選べと。君たちランク上位者はC以上を選ぶ権利があるはずだ。そして、D・Eの者達はランク上位者に手を出せないと謙虚な姿勢をとるべきなのだ。なのに、この日本という国は意外とランク下位者が主導権を握ってたりするのだ。全くもって不愉快であるぞ、わたしはー。

今日、普通に予約で男性から電話がかかってきた。で、シングルルームを二人で使いたいとのこと。こういうのを専門的に「ダブルユース」というんだけど、まー、安くあがるしカップルにとってはイチャつくこともできるし問題ない。

で、何十分後に男性が来た。ランクCである。

「これは、もしかすると、女性はBくらいかな・・・」

お連れ様登場。もろ男。オレめがね掛けなおした。一応、シングルルーム二人利用ですよね?って念を押したらyes I doって答えが返ってくるから、笑いこらえるの必死です。こっちは悪魔でビジネスホテルマンなのです。

A+Aもまれなんだけど、C+ランク外っていう組み合わせもそれに等しいくらいまれなんだ。それを今日は見れたから、まー、よしとするべか。ちなみに、僕はランクDです。だから、この方程式からいくと、ランクAを捕まえても問題ないわけです。

自分の事はタナにあげての日記ですね。

2006/08/14
14:52:43
 今回はばーちゃんの初盆ということで、12日~14日午前まで色々親戚まわりをしてたりなんだりで、忙しいかなーっと思っとったんだけど、そーでもなかったのよ。んだから、見たい映画たまってたからっつったって4本しか見れなかったけど、それぞれを紹介したいと思います。

 「博士の愛した数式」

 これ邦画ね。主人公は寺尾あきら。この人が演じる数学博士は、博士号をとったのにもかかわらず、事故で80分しか記憶がもたない障害者になってしまった。その世話をする家政婦(ちなみに深津絵里)と、その息子「ルート」(大人時:吉岡秀隆)の三人のストーリー。記憶は80分しかもたないから、毎日毎日会う人は初めての人なのよ。当然、家政婦もはじめて、だから、毎日同じ質問やらなんやらするんだけど、その家政婦はきちんと全てを受け入れ、答える。次第に息子もその博士の家に来るようになり、家政婦とその息子は、記憶はないのだけれども、博士の「数学」を基にしたやわらかい性格に引き寄せられる。 といった、物語です。いちいちどーだったあーだったって言わんから、評点だけ。評点C。

 「シン・シティ」
  
 EPISODE 1>――その屈強な肉体と醜い容姿から誰も近づこうとしない仮出所中のマーヴ。彼は、一夜の愛をくれた高級娼婦ゴールディを何者かに殺され、復讐に立ち上がる…。
 EPISODE 2>――罪から逃れるため過去を捨てシン・シティに身を潜めるドワイト。ある時、昔の恋人ゲイルが仕切る娼婦街で警察官が殺されるトラブルが起こる。発覚すれば警察との協定は破棄され、娼婦たちは窮地に陥る。彼女たちを救おうと一肌脱ぐドワイトだが…。
 EPISODE 3>――街の実力者の息子を相手に正義を貫くハーティガン刑事。しかし、相棒の裏切りに遭い無実の罪で投獄される。8年後、出所した彼はかつて救い出した少女ナンシーに再び危機が迫っていることを知り、最後の戦いへと向かう…。
 フランク・ミラーの監督作品なんだけど、オレ、ダメだわこれ。キルビルが印象強すぎて。なんつーか、これコメントとか見るとみんな評価してんだけど、「映像」としての映画が前提で、3つのストーリーを組み合わせるといったものなんだけど、豪華キャスト陣が負けてる感があんのよ。んだったら、ブルースウィリスとかイライジャウッドとか使わんでえーやんけって思うわけ。まー、キャシャーン見た後これ見たらビビるけど。評点D。

 「殺人の追憶」

 韓国で80年代後半から6年間に10人の犠牲者を出し、空前の捜査態勢にもかかわらず迷宮入りしてしまった実在の未解決連続殺人事件を基に映画化したサスペンス。事件を追う2人の刑事が次第に心理的に追い詰められていく様が乾いたユーモアを織り込みつつ緊迫感溢れるタッチで綴られる。
 韓国映画ってさー、恋のベタな話だけやないんやで!って言われた感じ。これ実話なんだって。すげーおもしろかった。ずーっと緊張しっぱなしでさ、ところどころこいつ犯人?いや、こいつか。あ、ちがう、こいつで間違いない。と見る側も感情移入してしまいます。ただ、これ後味すっきりしない。恐怖が残るんで。しかし、こんな取調べしとったんかいな、韓国って。評点A。

 「ファイトクラブ」
 
 いや、すいません、スキなんでまた借りてしまいました。説明不要ですかね。評点A。

 って、長い話になってしまいましたけど、「有頂天ホテル」全然借りられねええええええ。

21:06:38
 こんちはー。テンション激低だけど、なんとか頑張って日記書いてみようと思います。

 現在、わたし管理人は大学のほうへ通っておる。最初は泊まりでーって思ってたんだけど、そこらへんのホテルたっけーの。というか、サウナでえーんやけど、それさえもなんか高いんだよ。下関なんか2千円で泊まれんのに。だから、一時間半かけて車でえっちらほっちら通っておるわけだ。きつい・・。

 まー、前戯が長いので本編へ逝きます。

 こないだの土曜日に海に行ってきた。水上スキーとウェイクボードしに。んまー、海まだ行ってないし、BBQも一緒にやるということで、向かったのです。で、女子が来るとのことだったんだけど、イマイチ俺どーでもよかったのね。一緒に行く男性の人も、大勢のほうが楽しいやろ~ということで、まー、特にコンパ形式じゃなく、暇な人達コノ指と~まれ~的なモンで。いやいや、こんなところで彼女なんか選定できねーよ。

 で、現地に着いたんだけど、ハっと気付くと、男性2人に女性5人。あれ?こんなこと滅多にね~な~。元々男子がもう2~3人くる予定だったんだけど、予定があるので急遽来れなくなっちゃって。で、2VS5。すげー、なんだこりゃ。しかも、全員泳ぐ気満々じゃし。なんだよー、これー、オレの中のミクロ微粒子がアドレナリンとヘモグロビンとビリルビンを早急に精製してエジェキュレーションしそーだぜー。テンションあがるわ~。あはは~。

 しかも全員ミズギだよ、危ない水着。危なくないか。もうジロジロ見てるとただのエロオヤジなので、一発目に「おいおい、太腿だらけやな~」って言ったら、冷視(冷たい視線のこと。管理人作語)された。これでオーケイ。
 
 実際、ウェイクとかバナナボートとかに夢中でそんなもんはどーでもよくなる。いや、ほんと。楽しかった。BBQもおいしかったし。やきそばは作ってくれるし。あー楽しかった。

 でも帰るときはみんなグッタリしてて、当たり前だけど。会話あらへん。オレも喋る気力を無くしてもーて。スプリンターだからねオレは。

 また、この男女七人物語で海行きたいな~~。

 
 ・・・・ハっ。途中で、F君来たの忘れてた!!!!!!!

プロフィール

イナーチ

Author:イナーチ
趣味:ゲーム 最近アニメ
好きな歌:最近、かがやけ!ガールズ

一言:けいおん!面白かったなぁー、みんな澪澪言ってるけど、唯がかわいいと思うんだけど、どう?

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
不健康者
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。